中小企業診断士へ道

【中小企業診断士】令和3年度試験の振り返り|財務・会計【No.06】

...
その他

【住居】「持ち家」vs「賃貸」の比較について【その1】

頻繁に論争される「持ち家」vs「賃貸」のどっちがお得かについてですが、わたしの個人的な経験と価値観を交えて考えてみました。これから購入を考えている方の一助になればと思います。
中小企業診断士へ道

【中小企業診断士】令和3年度中小企業診断士 第1次試験申込【No.03】

...
中小企業診断士へ道

【中小企業診断士】企業戦略理論を学びながら【No.02】

...
中小企業診断士へ道

【中小企業診断士】決意表明という程では無いですが【No.01】

...
中小企業診断士へ道

【中小企業診断士】使用参考書一覧と「Video Speed Controlle」で動画倍速で学習効率をあげる【No.04】

...
中小企業診断士へ道

【中小企業診断士】令和3年度の中小企業診断士の試験の答え合わせ【No.05】

...
その他

【社会人の勉強時間6分】から考える、リカレント教育(生涯学習)とは?資格とは?

社会人の勉強時間が6分問題から考える、大人の学び直しと資格とは?リカレント教育(生涯学習)について考えました。
ビジネススキル

【PEST分析】4つの外部環境を分析することで戦略を立てるフレームワーク

PEST分析とは、4つ外部環境の視点から自社の置かれている立場を分析するフレームワークです。Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technoligy(技術)の頭字語です。
Books

【書籍】アイデアのつくり方 「原題:A Technique for Producing Ideas」【スキル拡充】

「アイデアのつくり方」が名著であると言われる所以は、帯にも記載されている通り60分で読めてしまう程の小さな書籍ですが、その可能性は無限大であるからです。その本質は『アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない』です。
その他

【社会人の勉強時間6分】から考える、リカレント教育(生涯学習)とは?資格とは?

社会人の勉強時間が6分問題から考える、大人の学び直しと資格とは?リカレント教育(生涯学習)について考えました。
ビジネススキル

【6つの帽子(シックスハット)】6つの視点で、会議の進め方と思考法がわかるビジネスフレームワーク

今回は6つの帽子やシックスハットと呼ばれるビジネスフレームワークです。帽子の色に沿った視点で課題と向き合うことで、会議のスムーズな進め方やその思考法がわかるビジネスフレームワークです。
ビジネススキル

【OODAループ】VUCAの時代にマッチしたビジネスフレームワークと言われる訳とは?

OODA LOOP「ウーダループ」は、Observe(観察)、Orient(情勢判断)、Decide(決定)、Act(実行)の頭文字からなるビジネスフレームワークです。OODAループとPDCAサイクルの使い方について説明します。
ビジネススキル

【KT(ケプナー・トリゴー)法】マネジメントに必要な『決めるチカラ』を獲得するためのビジネスフレームワーク

本記事では、KT法やケプナートリゴー法と呼ばれるビジネスフレームワークについて紹介します。合理的な判断方法を習得することで、「決めるチカラ」を手に入れることができます。
ビジネススキル

【マネジメントヒエラルキー】組織とは?役割とは?戦略とは?戦術とは?を示すビジネスフレームワーク

今回、紹介するビジネスフレームワークはマネジメントヒエラルキーです。企業が組織として機能するための各役職の役割について説明しています。また、戦略と戦術の違いについても説明を加えました。
ビジネススキル

【SUCCESs】最高のアイデアとなる資質とその「育て方」を示すフレームワーク

SUCCESsとは、アイデアのプロモーションに必要であるSimple(単純明快)、Unexpected(意外性)、Concrete(具体的)、Credible(信頼性)、Emotional(感情的)、Story(物語)の6つの要件を示したビジネスフレームワークになります。
ビジネススキル

【PEST分析】4つの外部環境を分析することで戦略を立てるフレームワーク

PEST分析とは、4つ外部環境の視点から自社の置かれている立場を分析するフレームワークです。Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technoligy(技術)の頭字語です。
ビジネススキル

【オズボーンのチェックリスト(Osborn’s checklist)】アイデア発想のための「9つの型」を示すビジネスフレームワーク

オズボーンのチェックリストとは、アイデア発想のための「9つの型」を示すビジネスフレームワークです。アイデア発想に行き詰まったときに特に効果を発揮します。
ビジネススキル

【6つの帽子(シックスハット)】6つの視点で、会議の進め方と思考法がわかるビジネスフレームワーク

今回は6つの帽子やシックスハットと呼ばれるビジネスフレームワークです。帽子の色に沿った視点で課題と向き合うことで、会議のスムーズな進め方やその思考法がわかるビジネスフレームワークです。
ビジネススキル

【OODAループ】VUCAの時代にマッチしたビジネスフレームワークと言われる訳とは?

OODA LOOP「ウーダループ」は、Observe(観察)、Orient(情勢判断)、Decide(決定)、Act(実行)の頭文字からなるビジネスフレームワークです。OODAループとPDCAサイクルの使い方について説明します。
ビジネススキル

【KT(ケプナー・トリゴー)法】マネジメントに必要な『決めるチカラ』を獲得するためのビジネスフレームワーク

本記事では、KT法やケプナートリゴー法と呼ばれるビジネスフレームワークについて紹介します。合理的な判断方法を習得することで、「決めるチカラ」を手に入れることができます。
ビジネススキル

【マネジメントヒエラルキー】組織とは?役割とは?戦略とは?戦術とは?を示すビジネスフレームワーク

今回、紹介するビジネスフレームワークはマネジメントヒエラルキーです。企業が組織として機能するための各役職の役割について説明しています。また、戦略と戦術の違いについても説明を加えました。
ビジネススキル

【SUCCESs】最高のアイデアとなる資質とその「育て方」を示すフレームワーク

SUCCESsとは、アイデアのプロモーションに必要であるSimple(単純明快)、Unexpected(意外性)、Concrete(具体的)、Credible(信頼性)、Emotional(感情的)、Story(物語)の6つの要件を示したビジネスフレームワークになります。
ビジネススキル

【GROW】マネジメント職に必須であるコーチングスキルを示したビジネスフレームワーク

コーチングは、単純に人を教育するスキルではなく、上司と部下という上下の関係としてではなく、あくまで対等な立場で課題と向かいあい、部下の能力を最大限を引き出すようなマネジメントのメソッドになります。
ビジネススキル

【ブレインストーミング(ブレスト)】アイデア発想の王道ビジネスフレームワーク

ブレインストーミングとは、最も有名なメソッドであり、「ブレスト」とも呼ばれています。そして、その名のとおり、脳内を嵐のように回転せることで、アイデアを生み出すビジネスフレームワークです。
ビジネススキル

【ECRS(イクルス)】『働き方改革』のために、4つの思考ステップに従うだけのビジネスフレームワーク

効果的に業務カゼイン(働き方改革)を行うため、Eliminate(削除)⇨ Combine(統合)⇨ Rearrange(置換)⇨ Simplify(簡素)の順に取組むことが重要で、それが、ECRS(イクルス)というビジネスフレームワークです。
スポンサーリンク