2020-05

ビジネススキル

【オズボーンのチェックリスト(Osborn’s checklist)】アイデア発想のための「9つの型」を示すビジネスフレームワーク

オズボーンのチェックリストとは、アイデア発想のための「9つの型」を示すビジネスフレームワークです。アイデア発想に行き詰まったときに特に効果を発揮します。
ビジネススキル

【SUCCESs】最高のアイデアとなる資質とその「育て方」を示すフレームワーク

SUCCESsとは、アイデアのプロモーションに必要であるSimple(単純明快)、Unexpected(意外性)、Concrete(具体的)、Credible(信頼性)、Emotional(感情的)、Story(物語)の6つの要件を示したビジネスフレームワークになります。
ビジネススキル

【ブレインストーミング(ブレスト)】アイデア発想の王道ビジネスフレームワーク

ブレインストーミングとは、最も有名なメソッドであり、「ブレスト」とも呼ばれています。そして、その名のとおり、脳内を嵐のように回転せることで、アイデアを生み出すビジネスフレームワークです。
ビジネススキル

【7S】ビジネス戦略を考える上で必要な7つの経営資源のフレームワーク

7Sとは、自社の7つの経営資源を分析し、組織運営を考えるフレームワークで、SWOT分析と同じくらいビジネス戦略のフレームワークとして知られています。
ビジネススキル

【SWOT分析】ビジネス戦略の王道のフレームワーク

SWOT分析とは、内部環境と外部環境を考慮して事業戦略を立てるためのフレームワークで、恐らく、ビジネス戦略のフレームワークの中で最も知られているフレームワークだと思います。
ビジネススキル

【5F】5つの外部環境を分析するフレームワーク

5Fとは、業界を5つの外部環境に分類して分析するフレームワークです。5つの外部環境とは、新規参入の脅威、代替品の脅威顧客の交渉力、サプライヤーの交渉力、競合他社のことです。
ビジネススキル

【VRIO】自らのポテンシャルを見極めるフレームワーク

VRIOとは、4つの視点から自社のポテンシャルを評価するフレームワークです。4つのポテンシャルを正しく評価することで、組織としての又はその技術の、そのサービスの市場での競争力を評価する為のフレームワークです。
ビジネススキル

【KJ法】散らかったアイデアに困っているあなたに、アイデアの整理整頓のためのフレームワーク

ブレインストーミングと並ぶ有名なフレームワークで、会議の中で提案されたアイデアをまとめる為のフレームワークです。このフレームワークの考案者は、日本人の川喜多二郎さんで、その頭文字からKJ法と名付けられています。
ビジネススキル

【PEST分析】4つの外部環境を分析することで戦略を立てるフレームワーク

PESTとは、4つ外部環境の視点から自社の置かれている立場を分析するフレームワークです。Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technoligy(技術)の頭字語です。
ビジネススキル

【OARR】会議という航海を征するためのフレームワーク

会議運営という海原を櫂(OARR)を使って、地図(Rule)に従い、チームの役割(Role)を決めてボートを漕ぎ、途中の宝箱のカギ(Agenda)を回収しながら、宝島(Outcome)を目指すということをイメージ頂ければと思います。
スポンサーリンク