【7S】ビジネス戦略を考える上で必要な7つの経営資源のフレームワーク

目次

1.7Sとは?

7Sとは、自社の7つの経営資源を分析し、組織運営を考えるフレームワークで、SWOT分析と同じくらいビジネス戦略のフレームワークとして知られています。

7Sの7つの経営資源とは、Structure(構造)Strategy(戦略)System(システム)3つのハードサイドの経営資源とSkill(スキル)Style(スタイル)Staff(人材)Shared Value(価値観)4つのソフトサイドの経営資源から成ります。

上記の7つの経営資源は、単独で存在しているわけではなく、下図のように、各々資源が相互リンクのように作用します。

1.Structure(構造)

企業の組織体制について考えます。

  • 職能別組織なのか、又は、事業部制で各々が独立しているのか?
  • 決裁権を持つ人事配置がどのようになっているか?
  • 組織として判断する際の手続きの手順やスッテプ数はどの様になっているか?

2.Strategy(戦略)

組織としての事業戦略について考えます。

  • 事業戦略として展開を考えている分野は?
  • 先発型か、又は、後発型か?
  • 選択と集中の分野のすみ分けは?

3.System(システム)

組織運営上の社内システムについて考えます。

  • 管理及び情報システム体制はどの様になっているか?
  • 給与に関する、業績考課、能力考課のシステムがどの様になっているか?
  • 社内表彰制度や職務発明制度などのインセンティブ制度は確立しているか?
  • 他部署間での情報共有のシステムはあるか?

4.Skill(スキル)

組織やチーム、個人が有している能力・技術力について考えます。

  • 得意とする技術やサービスはなにか?
  • 業界内でのシェアの割合、又は、国内・グローバルでのシェアの割合は?
  • 対外的なコミュニケーション能力はどの程度か?

5.Style(スタイル)

組織の企業風土について考えます。

  • 風通しの良い、意見の言い易い雰囲気か?
  • 意思決定のスタイルはトップダウンかボトムアップか?
  • 他部署間での情報交換はスムーズか?
  • 業務外でのコミュニケーションは行われているか?

6.Staff(人材)

組織内の人材活用について考えます。

  • 適材適所での人材活用がなされているか?
  • 専門のバックグラウンドや年齢層などのバランスはどの様になっているか?
  • 語学力に長けている人材は、全社員の何パーセントか?

7.Shared Value(価値観)

会社の経営理念について考えます。

  • 経営理念を社員が理解し行動しているか?
  • 経営理念に反することはやっていないか?

2.7Sの活用例

では、7Sはどのように活かせばいいのでしょうか?

先ほどの説明したように、7つの経営資源はハードサイドとソフトサイドに分けられます。

ハードサイドについては、比較的変える為のハードルは低く、短期間で変えることが可能な項目です。一方、ソフトサイドは変えるためのハードルが高く、長期的な計画として考える必要がある項目になります。

7Sの活用例について、先ほど示した内容でほとんど網羅されていますが、実際には、まだ、課題や問題点の抽出のみを終えた段階です。

この後、抽出された課題を解決していくのですが、先ほどお示しした図式を見るとわかる通り、様々な経営資源が複雑な相互作用を示します。

なので、どれか1つの経営資源を改善したからといって、組織が上手く回りだすわけではなく、全体をバランスよく改善することが重要となります。

特に、図式の中心にあるShared Value(価値観)は、企業の灯台の役割があり、その灯台に対して全社員のベクトルが向いていなければ良い組織運営や効率的で効果的な改善はできません。

つまり、下記の記事でも一部紹介したように、ピラミッドの頂点にある経営理念を初めに構築し、その後、各々の項目を改善していく方が最も効率的だと考えます。

https://parallellife40.com/management-hierarchy/

3.7Sのまとめ

いかがでしたか、7Sは?

基本的には、7Sは事業戦略に必要な経営資源の現状を洗い出す為の現状把握型のフレームワークとなっています。また、マクロ的な解析になっているために、ミクロ的な解決策まで落とし込むには、少し情報の整理が必要となってきます。

つまり、各項目から抽出された課題や問題点は、各々枠組みで改善する方が分かりやすく、対応しやすいと思います。つきましては、その際に活用できそうな課題解決型のフレームワークについて、改めて記事にしたいと考えています。

最後に、今回の7Sはマクロ的な現状把握型のフレームワークでしたので、改善提案の詳細まではご提示できませんでしたが、一度、自社に当てはめて実践して頂けたらと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる