【PEST分析】4つの外部環境を分析することで戦略を立てるフレームワーク

目次

1.PESTとは?

PESTとは、4つ外部環境の視点から自社の置かれている立場を分析するフレームワークです。

PESTの4つの外部環境とは、Politics(政治)Economy(経済)Society(社会)Technoligy(技術)の頭字語です。

つまり、上記の4つの外部環境がどの様な変化をしいるのか?又は変化することが予測できるかをマクロ的に考えることで、自社への影響を考察し、その結果に基づいて今後の事業戦略を考える為のフレームワークです。

それでは、4つの外部環境について、もう少し詳細に説明します。

1.Politics(政治)

政府の方針や基本政策、政権、外交、各種規制などについて考えます。

  • 消費税の増税及び法人税の引き下げ
  • 業界の規制緩和
  • 自然災害地域の復興支援予算
  • 諸外国に対する特別支援
  • 特定の国に対する経済制裁
  • 非常事態宣言による実体経済への影響
  • 米国の大統領選の行く末
  • 移民政策に関する議論

2.Economy(経済)

GDP成長率や金利、物価、日銀の動きなどの国内外の景気動向などについて考えます。

  • 低金利政策の維継続
  • 物価上昇率の目標の維持
  • 東南アジア諸国のGDP成長率
  • 円高・円安のトレンド
  • 原油価格の超低水準
  • コロナ禍による実体経済への影響

3.Society(社会)

人口や文化、生活様式、民間思想、流行、雇用などの社会情勢などについて考えます

  • 人口減少と超高齢化社会
  • 地方移住がトレンド化
  • フリーランスなどの個人事業主の増加
  • Youtuberが職業としての社会的地位を確立
  • 英会話・プログラミングの必修化
  • 外国人労働者数の増加

4.Technology(技術)

新規技術開発やその応用技術が社会生活に与える影響などについて考えます。

  • 5G技術の市場への実装開始
  • ゲノム編集食品の市場参入
  • バーコード決済の導入率増加
  • ブロックチェーン技術によるデジタル通貨実装に向けた準備
  • 3Dプリンターが様々な分野に貢献
  • 遠隔診療、遠隔手術の実現に向けた取組み

2.PESTの活用例

では、PESTはどのように活かせばいいのでしょうか?

先ほどは、4つの外部環境について考えましたが、次に自社に与える影響とその対応について考えていきます。

例えば、先ほど挙げた事例をもとに活用方法か下表に示します。

外部環境 項目      影響 対策・方針            
Politics・業界の規制緩和
・米国大統領
⇨悪影響
⇨なし
⇨新規参入企業の対策として営業強化
⇨特になし
Economy・アジア諸国のGDP
・低金利政策
⇨好影響
⇨好影響
⇨海外への事業展開
⇨積極的な設備投資をおこなう
Society・フリーランス増加
・外国人労働者
⇨なし
⇨好影響
特になし
⇨将来的な労働者を確保する
Technolog・5G技術の市場
・3Dプリンター
⇨好影響
⇨好影響
⇨在宅者増加、本社ビル売却(固定費減)
⇨小部品のオンサイト製作(時間ロス減)

上記では、一部抜粋した項目に対する解析結果を示しましたが、実際には、1つの項目ごとにじっくりと考えて頂きたいです。

では、まず初めに行って頂きたいことは、現状の外部環境若しくは今後予測される外部環境が自社の事業に対してどの様に影響するのか考えて頂きたいです。

要するに、その外部環境は、好影響ですか?悪影響ですか?それとも影響がありませんか?

そして、次のステップで、対策や方針などの戦略を考えることになります。特に悪影響に対してはスピード感を持って対応しないと、取り返しのつかない事にもなるので注意が必要です。

好影響については、戦略を練って取り組んで頂くこと、また、影響なしと判断した項目についても実は気づいていないケースもあるので他社の動きにも注視することをお勧めします。

この時に、進捗管理や戦略の時間的スパン、マイルストーンなどをマネジメントするために「ガントチャート」は有効なので、活用してみてください。

3.PEST分析のまとめ

いかがでしたか、PEST分析は?

基本的には、PEST分析は、マクロ的な分析になりますが意外と現状という意味で把握しやすく、自社の戦略へ落とし込み易いと思います。また、この政治、経済、社会、技術の4つ外部環境を分析するのがPESTですが、最近では、PEST+α (環境や法律)のフレームワークもあり、外部環境が複雑化してることが伺えます。この辺は、事業分野ごとにオリジナリティを出した方がより効果的なフレームワークになると思います。

最後に、外部環境などを考えるときは、その情報の多さから一人では難しいことが考えられますので、複数人で行ったほうが良いです。また、出来るのであれば他部署(営業と経理、技術など)も交えて行った方が多様な情報が出てくると思います。

初めは一人でも構いませので、是非、実践して頂ければと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる