【VRIO】自らのポテンシャルを見極めるフレームワーク

ビジネススキル
スポンサーリンク

1.VRIOとは?

VRIOとは、4つの視点から自社のポテンシャルを評価するフレームワークです。

VRIOの4つのポテンシャルとは、Value(価値)Rarity(希少性)Imitability(模倣可能性)Organization(組織)の頭字語です。

つまり、上記の4つのポテンシャルを正しく評価することで、組織としての又はその技術の、そのサービスの市場での競争力を評価する為のフレームワークです。
そして、その特徴的な構造に「質問形式」として作りこまれたフレームワークとなっていることです。

それでは、4つのポテンシャルについて、もう少し詳細に説明します。

1.Value(価値)

その製品、技術、サービスなどのリソースは、会社の役立つモノ、貢献できるモノとしての価値があるかどうかが重要です。

  • そのリソースで機会を活用することはできますか?
  • そのリソースで脅威を緩和することができるか?

2.Rarity(希少性)

その製品や技術、サービスなどのリソースは特異的なモノであり、市場において保有企業の数が多いかどうかを考えます。

  • そのリソースを保有したり活用している企業は少ないか?
  • そのリソースを市場でコントロールしている企業は少ないか?

3.Imitability(模倣可能性)

企業が該当する製品、技術、サービスのリソースを獲得するの多大なコストが必要になるかや不利が生じるかどうか。

  • そのリソースを獲得するには多大な初期投資が必要になるか?
  • そのリソースを保有するとにより他事業への悪影響はあるか?

4.Organization(組織)

その製品、技術、サービスなどのリソースを活用するためにの組織体制やシステム、資金が整っているか。

  • そのリソースを効果・効率的に活用できる組織体制であるか?
  • そのリソースを効果・効率的に活用できるシステムがあるか?

上記の内容をフローチャートとしてまとめると以下のようになります。

※このフローチャートにおいて、Imitability(模倣可能性)に対して❝ Yes ❞とは、模倣することが難しいことを示します。

2.VRIOの活用例

では、VRIOはどのように活かせばいいのでしょうか?

今回は、趣向を変えて解説してみたいと思います。

とにぃ
とにぃ

それでは、早速実践を行いましょう。
果てして、勇者に転生したBizは、次々と出てくる怪人を倒すことができますかな!?

第1のステージ 先鋒 怪人バル(V)

怪人<br>バル
怪人
バル

まずは、私からだ、
お前は何の武器をを持って私に戦いを挑む。生半可な武器では私には勝てないぞ。

勇者Biz
勇者Biz

私の武器は、この剣だ!
先祖から代々受け継がれてきた、この剣こそが俺の武器だ~
とりゃ~

怪人<br>バル
怪人
バル

うわ~っ、なかなかいい武器を持っているではないか、次のステージの扉はそこにある。
だがな、俺に勝ったからといって、聖杯を手に入れたと思うなよ!
俺なんて、倒して当然の世の中だぞ。

勇者Biz
勇者Biz

そんなことは、百も承知だ!

第2のステージ 中堅 怪人ラー(R)

怪人<br>ラー
怪人
ラー

待っていたぞ、だがなここは通さないぞ。
お前程度の勇者は、多くて見てきた。だがな、どれも似たような奴らで大したことがなかった。
お前は今まで奴らとは違うんだろうな!?

勇者Biz
勇者Biz

当然だ、俺の持っているこの剣は、伝説の刀鍛冶が作った、世界に3本しか存在しない剣だ。その辺のもとは、切れ味が違うぞ。
思い知れ、や~!!

怪人<br>ラー
怪人
ラー

うっ、ここまでの剣は見たことが無い。
もしかしたら、本当に伝説の剣なのかもしれない。
次のステージはこの奥だ。

勇者Biz
勇者Biz

よし、もう少しで伝説の聖杯が手に入る。

第3のステージ 参謀 怪人イミット(I)

怪人<br>イミット
怪人
イミット

は~い!少し、待ちくたびれてしまったわ。
来てくれてありがとっ、褒めて、あ・げ・る!
でも、ここはそう簡単には通れないわよ!
その自慢の剣、私が打ち砕いてあげるわ!!
やぁー!

勇者Biz
勇者Biz

上等だ!受けて立つ、うりゃ~!!

ーーーーーーーーーーーーーパリン、

怪人<br>イミット
怪人
イミット

きゃ~、まさか、私の剣が先に折れるなんて・・・次がさいごの試練よ、お行きなさい・・・

勇者Biz
勇者Biz

この剣は、一朝一夕にできるものではない、これは伝説の材料であるオリハルコンを使って作られた剣、長い年月をかけて生成する材料を用いてるからな。そう易々と同じモノは作れないさ!

第4のステージ ラスボス オーガ(O)

ラスボス<br>オーガ
ラスボス
オーガ

ほ~、よくここまで来たな。だが、貴様の運命もここまでだ。
何か言い残しておくことはあるか!?
せっかくなので聞いてあげよう!

勇者Biz
勇者Biz

別に言い残しておくことなんて、無い!
なぜなら、俺は負けないから、とりゃ~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーカキンッ!

ラスボス<br>オーガ
ラスボス
オーガ

ふっ、まったく、効かないな!

勇者Biz
勇者Biz

なにっ、まったく効いていない、ここまでなのか…

ラスボス<br>オーガ
ラスボス
オーガ

ふん、ひとつ、いいことを教えてやろう。
貴様は、その剣に頼り過ぎだ。
つまり、剣を使いこなしているのではなく、剣に使われているだけだということだ。それでは、貴様は私には勝てん。

勇者Biz
勇者Biz

そういうことか、アドバイスありがとう!
これで、俺も吹っ切れたよ!
今回の、そして、これまでの経験を思い出したよ!
俺も、少しこの剣に頼り過ぎてしまっていたよ。

勇者Biz
勇者Biz

すぅ~~~、は~~~~~
それでは、いくぞ、これが俺の本気だ~~~!

ーーーーーーーーーーーーーーグサッ、

ラスボス<br>オーガ
ラスボス
オーガ

うわぁぁぁぁぁぁぁ、
不覚、まさかここまでの力を持っていたとは、
つまり貴様は、最強の剣とそれを使いこなす技量の両方を兼ね揃えているということ・・なの・・・・か。

勇者Biz
勇者Biz

いつの間にか、これまでの経験が俺の力になっていたようだ。
気づかせてくれて、ありがとう。

・・・勇者Bizは、伝説の聖杯を手に入れることができた。

補足説明

  •  = 製品、技術、サービスなどのリソース
  • 世界に3本 = それが希少性であり、持っている人の絶対数が少ない
  • オリハルコン = 希少性に加えて、入手には時間とコストが必要であり、なかなか簡単に手に入れることができない
  • これまでの経験 = これまで経験とはこれまでの歴史であり、それは極めて模倣が困難であり、また、歴史の中で構築してきた組織のシステムは企業の基盤を固めている。但し、そのことに気づくことが重要であり、場合によっては改善も必要である。
  • 聖杯 = 最大パフォーマンスで持続可能な優位性

3.まとめ

いかがでしたか、VRIOは?

基本的には、VRIOは、内部環境を分析になります。そして、このフレームワークは先述でも触れましたが、「質問形式」の構造を持ちます。よって、その質問に順序良く答えて行くだけで分析・解析できる、とても活用が容易なフレームワークとなっています。

最後に、VRIOの分析において、重要な項目は、Rの希少性とIの模倣可能性につきると思います。この項目だけは、改善・改良が難しく現状を受け入れるしかないからです。なので、逆に、この質問をクリアすることが出来れば、ビジネスとして十分に勝機があると考えることが出来ます。

是非、ご活用頂けたらと思います。

今回は、初めて、ストーリー仕立ての解説に試みました。もし、何かしら、ご感想を頂けるならTwitterなどで返信頂けると嬉しいです。