【アンゾフの成長マトリックス】企業が成長するための「4枚の思考カード」を示すビジネスフレームワーク

ビジネススキル
スポンサーリンク

1.アンゾフの成長マトリックスについて

そのフレームワークの中から、アンゾフの成長マトリックスについてご説明します。

アンゾフの成長マトリックスは、今後の事業展開を考えるときに活用できるフレームワークになります。

基本的な軸を現在の既存ビジネスにおき、そこから市場(顧客)に新規性を見出すのか、それとも製品(技術・サービス)に新規性を見出すのか、はたまた、その両方かという視点で今後の事業戦略を立てるフレームワークになります。

下図が実際にアンゾフの成長マトリックスの図となります。

このマトリックスを見ても分かる通り、考える戦略は大きく4つ存在します。

戦略(1)市場浸透

市場浸透は、市場も製品も既存のモノを用いて、事業を進めることを意味します。つまり、今の事業をより深く進めより強固な事業基盤を築くことになります。

戦略(2)新製品開拓

新製品開拓は、顧客のターゲットは変えずに投入する製品に新規性を持たせた戦略であり、既存の顧客のデータを活用したマーケティングを行い新たな製品戦略を練ることになります。ここでは、既存顧客からのプラスアルファの収益アップが期待できます。

戦略(3)新市場開拓

新市場開拓は、現在の技術やサービスを活用した水平展開により顧客のターゲットを変えること広げることになります。この技術やサービスが新規顧客のニーズとマッチすることができれば、市場拡大となり大きな収益増加が期待できます。

戦略(4)多角化

多角化は、大きな意味では既存ビジネスを意識せずに全く異なる分野への参入も含まれますが、実際にはそういったチャレンジはハードルやリスクを伴うため、実際のところ大きなチャレンジの際はパートナー企業が必要となるでしょう。
但し、新製品開拓や新市場開拓を足掛かりに、新規事業に取り組むことは、戦略的には十分に勝算が期待できるので、成功事業からの拡大を考えて方が適切だと考えます。

2.アンゾフの成長マトリックスの活用

実際に、アンゾフの成長マトリックスを用いて事業展開を考えてみました。
※下図参照。

既存事業は、『駅近のサラリーマン向け床屋』を想定しました。

解説は、市場浸透は割愛しますが、その他の戦略は以下の通りになると考えます。

戦略(2)新製品開拓

駅前のサラリーマンへの新製品戦略になりますので、その床屋に来て頂いているお客さんに対して、新たな製品としてコスメの店頭販売は可能であると考えます。特に、最近はオジサンでも清潔さ特に臭いや肌の乾燥などを気にしているヒトが多いので十分に需要はあると思います。
かく言う、私もその辺りは気にしていたりします(笑)

戦略(3)新市場開拓

次は、市場拡大ということで、OLをターゲットに充てるのも良いと考えています。但し、ここは十分にマーケティングを行わないとOLさんのニーズとズレがでる恐れがあります。きっちり店舗の雰囲気作りや従業員を全員女性にするなどの対策などを練る必要があると考えます。

戦略(4)多角化

最後に、多角化です。これは、これからの高齢化社会を迎えるうえでも需要が期待出来て、尚且つ社会貢献的な意味も持たすことができるので出張バーバーとして団地やマンションの前で実施するのも良いのかなと考えます。

最後は、発想のジャンプ力が足りなくなってしまいましたが(汗)、今回はこのような結果になりました。


勿論、答えは無限大にありますので、このケースをモデルに考えて頂き、実際には現在の課題に対して適用して頂ければと思います。

3.アンゾフの成長マトリックスのまとめ

いかがでしたか、アンゾフの成長マトリックスは?

意外と取っ付きやすいシンプルなフレームワークだと感じたのではないかと思います。

特に、こういったマトリックス系のフレームワークは活用しやすいモノが多いのでこれからも、もっと多くのフレームワークを紹介できたらと考えています。

ただ、最後の多角化については、もっとチーム内で議論を深めて可能性を探る必要があります。その時に、活用して頂きたいのが「ブレーンストーミング」、通称ブレストです。このブレストについても、記事を用意してありますので、是非、ご参照頂けたらと思います。