【KJ法】散らかったアイデアに困っているあなたに、アイデアの整理整頓のためのフレームワーク

ビジネススキル
スポンサーリンク

1.KJ法とは?

ブレインストーミングと並ぶ有名なフレームワークで、会議の中で提案されたアイデアをまとめる為のフレームワークです。このフレームワークの考案者は、日本人の川喜多二郎さんで、その頭文字からKJ法と名付けられています。

ブレストなどのアイデア発案型のフレームワークの次のスッテプで用いるフレームワークで整理整頓型のフレームワークとなります。

実際には下記順序に従い実施します。

KJ法の流れ
  • ステップ1
    ラベル化

    アイデアの言語化、ドキュメント化

  • ステップ2
    グループ化

    アイデアの共有化、カテゴライズ、ネーミング

  • ステップ3
    図解化(A型)

    ビジュアル化、空間配置

  • ステップ4
    叙述化(B型)

    文章化、ライティング

以上が、KJ法のおおまかな流れになります。

2.KJ法の活用例

では、KJ法はどのように活かせばいいのでしょうか?

以下のフローに沿って説明します。

KJ法のステップ
  • ステップ1
    ラベル化

    ブレストのようなフレームワークを用いてアイデアを提案します。


    この時、次のステップで作業がしやすいように付箋紙などを用いてアイデアを書き出す。

    そして、ホワイトボードなどに貼ります。

  • ステップ2
    グループ化

    出てきたアイデアを関連性の近いモノごとに集めて、一括りにします。
    この時、集めたモノごとにグループ名を付けます。

    紫カードグループ(idea 5 グループ)などに、特定分野や技術、サービス、考え方などのネーミングを行います。ここで、大事なのはこの名前がグループについて十分に説明できていることです。

    この時点で、ある程度まとまった単位が作れたら次のステップに行きますが、まだバラけているようでしたら、再度同様のステップを行い、大体、5~10グループになれば良いです。

    そのあと、さらにグループを大きないくつかのカテゴリーとしましょう。

  • ステップ3
    図解化(A型)

    大きなカテゴリーとして括り終わったあとは、各々の関係性について相関図を作成します。

    各カテゴリーごと、各グループごと、さらには各ラベルごとの相関関係まで落とし込みます。恐らく、全ての相関関係は構築できないので、無相関なラベルがなければ問題ありません。

    今回は、「健康」というキーワードでカテゴライズすることを想定しました。大体のイメージを掴んでもらうため、大まかな表記になっていますが、おおよそは下図の様なイメージを持って頂ければよいと思います。

    この段階は、イメージとして脳の中にインプットした状態となります。

  • ステップ4
    叙述化(B型)

    最後に文章化です。

    相関図が出来たので、霧に包まれていたイメージの輪郭がクッキリ見えてきたと思います。この段階は、イメージとして脳の中にインプットした状態でしたので、続いて、インプットした後は、アウトプットになります。

    人は、アウトプットするときに大きく理解度を深めますので、この文章化という作業が重要になります。

    よって、以下のような文章を作成します。

    「idea 12というルールが法制化されてことで、idea 5が市場で活性化され、消費者の手の届きやすい又は関心の高いモノになるでしょう。さらに、idea 5はidea 4との相性も良いことが知られており、idea 4も同時に活性化されることは明らかであり、idea 4idea 8との相乗効果も期待できます。最近、idea 8idea 6に効果的であるとの報告もあり、それをidea 12が後押しすることが考えらます。ここで、ある程度の結果を出すことができれば、最終的にはidea 10も視野に入れた動きを取ることが可能であると考えます。」

3.まとめ

いかがでしたか、KJ法は?

このKJ法は、ブレストなどで出てきたアイデアをまとめるためのフレームワークです。なので、ブレストの相性がよいフレームワークであり、「ブレスト+KJ法」のセットで活用されると良いでしょう。

基本的には、参加者でホワイトボードの前に立って4つのステップを順序良くこなすことでゴールに向かうことが出来るのですが、空間配置や文章化は少し慣れが必要となるので、初めは難しく感じるかもしれませんが、取り掛からない事には、一生初心者なので、まず、第一歩を踏み出しましょう。

また、このKJ法の重要なステップは、やはり最後の文章化にあると考えています。ここでアウトプットすることで、理解度がぐっと深まるとことを実感できると思います。ここで、少しコツをお伝えすると、パワーポイントでプレゼンするようにポインターを持って、実践すると言語化しやすいと思います。

まだ、やったことない方がいましたら、是非、実践して頂き、何かしらの参考になれば幸いです。

【おすすめ書籍の紹介】

KJ法の発案者、川喜田 二郎先生の書籍であり、KJ法の原点になります。

続いて、読みやすくまとめたマンガ版になります。