【PM理論】これからリーダーを目指すあなたに伝えたいビジネスフレームワーク

ビジネススキル
スポンサーリンク

1.PM理論とは?

PM理論とは、目指すべきリーダー像を示すためのフレームワークです。

因みに、日本人の三隅二不二氏によって提唱された、日本発のフレームワークとなります。

このPM理論は、部下やプロジェクトをマネジメントするというよりも、目指すべきリーダー像を2つの軸を用いて解析し、リーダーとしての心構えや立ち振る舞いを示すフレームワークになります。

そのPM理論についての図式を下に示します。

PM理論とは、上記のとおりマトリックス系のフレームワークになっています。その中にある、Performance(目標達成機能)Maintenance(組織維持機能)のHigh&Lowの組み合わせで、そのリーダーの特性を示したものです。結論としては、PM typeと記されたフレームのリーダーを目指すべきということになります。

それでは、PM理論の各typeにつていて、ご説明いたします。

1.pm type(ダメダメタイプ)
 目標達成のための進捗管理もできず、さらには組織やチームをまとめる人望もないので、当然リーダーには相応しくないタイプになります。

2.Pm type(指図タイプ)
 目標達成能力は高いが、組織のメンテナンスができないため、短期間では組織やチームを引っ張り、ある程度の成果は見込めると思います。
しかし、組織やチームも人で構成されているので、余りにも目標達成に向けた指図だけをされてしまうと、内部で不満が溜まり、または疲弊してしまい、最終的にはパフォーマンスが落ちるだけでなく、内部分裂の危険性もあります。

3.pM type(人気者タイプ)
 目標達成能力は無いが、人望だけはあるタイプになります。組織やチームとしては、楽しく和気あいあいと業務にあたることになるので、一見、良さそうな組織やチームに見えるのですが、結局は進捗管理が出来ないために目標達成できずにプロジェクトの中断する危機の可能性もあり、企業の業績へのダメージを与えることがあります。

4.PM type(理想タイプ)
 課題の進捗管理も抜群で成果も出し、さらには人望もあるので組織も活き活きとしていて、部下がモチベーションを落とさずに、どんどん業務を回すことができるので、その相乗効果で生産性の抜群な組織またはチーム運営を出来る、まさに理想のリーダー像となります。

2.PM理論の活用例

では、PM理論はどのように活かせばいいのでしょうか?

正直なところ、PM typeを目指しましょうが結論になるのですが、そもそもこの様な理想のリーダー像である人は、このフレームワークについても学ぶ必要がないと思います。

このPM理論を学ぶべき人とは、pM typeの方であると思います。恐らくこの記事を読んでいる方も、pM typeが多いのではないかと思います。

それは、pM typeである、あなた自身が「Performance」つまり目標達成のための能力が足りない又は部下に対して厳しく指示できないと悩んでいるのではないかと思います。

そういった方に、この理論を一種のマインドチェンジとして活用して頂ければと考えています。

現状、足りないのは目標達成能力であり、逆を言えばそれ以外の人望は手に入れていて、残りのこの能力さえ手に入れば、理想のリーダー像になることができる。
そう、自分に言い聞かせることで、ただの「仕切りたがり」ではなく、率いている組織やチームのためを考えて、あくまでリーダーとして指示をしていると考えることが、この理論の真の活用方法であると考えています。

3.PM理論のまとめ

いかがでしたか、PM理論は?

先述もしましたが、この理論は、実行といよりもマインドチェンジとして活用する方法であると考えていますので、是非、すぐにでも活用して意識改革を行って頂けたらと思います。

最後に、あなたが意識を変えれば、部下の方々もあなたの変化に気づき支持するでしょう。そうすれば誰も指図されていると感じることなく、組織がまわり、自ずとチームのパフォーマンスも上がってくるでしょう。