本日の株価 9月25日 中国一の富豪は飲料水企業の創業者。水ビジネスの脅威。

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

本日の結果

本日の日経平均株価は+116.80円の23,204.62円と大きく下げました。

私の保有資産は先週木曜比+83,200円と僅かに下げました。

個別株の先日比は、リネットジャパンが‐14円の566円で、Aimingが+29円の772円、そして、プレミアグループが+141円の2,161円でした。

保有株のIR情報

保有株のある会社から、コロナ感染者の発表がなされました。どんどん身近になってきており、現状において社員が感染するたびに発表する必要があるのかと感じています。

トピック

■ドラクエタクトのイベント

ドラゴンクエストⅢのイベント企画が開始され、CMでどれだけ認知され、ユーザーを獲得できるか期待してしまします。

■中国一の富豪は飲料水企業の創業者

これまで中国一の富豪は、アリババの創業者のジャック・マー氏でしたが、本日のそのジャック・マー氏を鍾睒睒氏が抜いたとの報道がされました。

しかも、その鍾睒睒氏の事業はてっきりIT系だと思っていたら、なんと、飲料水メーカーだそうです。まさしく水商売で、お金持ち。

中国の水は、お腹を壊すとは聞いたことがありますが、ここまで飲料水メーカーが伸びているとは知りませんでした。しかも、水ビジネスは今後も伸びていくでしょうし、流行り廃りも無いように思います。

なので、どんどん事業拡大をしていき、日本の水源を囲われないように気を付ける必要があります。

日本はありがたいことに、水道水でも十分に飲めますので、安心です。

しかし、日本でもウォーターサーバーが流行っていて、一時期は各社CM合戦で顧客の奪いあいを行っていました。

それもそのはずです、ウォーターサーバーは、サブスクビジネスの1つですので一度導入してもらえば、あとは定期的に水を販売するビジネスですので在庫コストもほとんとないと思います。

因みに、うちはウォーターサーバーを持っていませんが、強炭酸水は毎日飲むため、常時ストックがあります。

炭酸水ビジネスもうまみの大きなビジネスだと思います。

それでは、また、明日もよろしくお願いします。