本日の株価 11月16日 楽天が西友の株式を取得、どうなる近所の西友は…

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

本日の結果

本日の日経平均株価は+521.06円の25,906.93でした。

私の保有資産は先週比+118,600円でした。

<個別株の前日比>

銘柄 証券コード 現在値
前日終値
前日比
リネットジャパングループ 3556 東証 595
583
12
Aiming 3911 東証 498
473
25
プレミアグループ 7199 東証 2,065
2,017
48
インテリックス 8940 東証 550
542
8

日経平均株価が改めて年初来高値を更新しました。最高値が25,928.18円でした。

さすがに、今日の地合いなので、さすがに保有株は全てプラスでしたが、少し物足りない上げではあります。

保有株のIR・PR情報

■プレミアグループが配当金を発表

この開示は、先週の金曜日の発表でしたが、リネットジャパンの決算発表の為、完全に見落としていました。

さて、その内容ですが、

プレミアグループ 剰余金の配当(中間配当)に関するお知らせ より

22円50銭と前期実績よりも多い結果となりました。また、配当金の総額が減っているので株数が変動したのでしょうか。この辺は、あまり把握していませんが。

ただ、この様な状況下でも業績を伸ばし、配当金を出せる企業は本当に素晴らしいと思います。

Aiming:2020/10/30
リネットジャパン:2020/11/13
プレミアグループ:2020/11/13 ⇒ 2020/11/6 変更
インテリックス:2020/10/6

トピック

■西友の株式20%を楽天が取得

日用雑貨や食料品を販売しているスーパーである西友は、もともと米国の大手スーパーであるウォルマートの参加で長く経営されてきたが、最近は提携解除の話が頻繁に報道されていた。

ここに来ての株式売却。実際には、米国の投資ファンドKKRが65%の株式を取得するそうですが、私個人的には楽天が参入することが興味深いです。

楽天は、アマゾンにはネットショップでは勝てないことは明白だと思います。しかし、その戦場をオフラインに移すと日本国内であれば勝機があると感じました。

オンとオフで上手く相乗効果を使えば、オンで人気なモノを実店舗へ移行させることで顧客開拓もできると思います。特にネットを使用しない層へのリーチは効果的だと考えます。

また、生鮮食品や冷凍食品のお取り置きも可能にします。これは、24時間営業の多い西友ならではのサービスになり、ついで買へ促すことも可能です。

さらに、Rペイの導入でキャッシュレス化への移行の可能性や、ウォルマートカードをメインとしていた顧客に対しては、楽天カードへの移行が可能で、ここから多くの顧客のショッピングデータを得ることができます。

最後に、私個人の感想としては、近所の西友は店内が少し暗くて活気が弱い気がしています。そこで、楽天の華やかなイメージを球団とのコラボで演出できれば、より購買意欲を刺激すると思います。また、楽天が優勝した時には、いろいろと安くなってくれたら嬉しいです。

結論、この提携はとても楽しみだということです。

また、明日もよろしくお願いします。