本日の株価 11月25日 ビットコインについて、その1

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

本日の結果

本日の日経平均株価は+131.27円の26,296.86円でした。

私の保有資産は先週比+68,200円でした。

<個別株の前日比>

銘柄 証券コード 現在値
前日終値
前日比
リネットジャパングループ 3556 東証 634
594
40
Aiming 3911 東証 457
469
-12
プレミアグループ 7199 東証 2,205
2,170
35
インテリックス 8940 東証 554
560
-6

日経平均株価は、本日、26,706.42円で年初来高値を更新。しかし、持ち株はさえない状況です。

保有株のIR・PR情報

■特になし

《決算発表スケジュール》
Aiming:2020/10/30
リネットジャパン:2020/11/13
プレミアグループ:2020/11/13 ⇒ 2020/11/6 変更
インテリックス:2020/10/6

トピック

■ビットコインについて その1

今更ながらビットコインについて勉強を始めました。

ビットコインとは、ご存じの通り仮想通貨の代表格であり、本日の段階で1ビットコインあたり、約200万円の価値があります。

最近のビットコインの値上がりに乗じて、多くの方々がビットコインについて個人の考えを示しています。

私が気になったのは、ビットコインがはたしていくらまで価値を伸ばすのかが気になるところです。

有名youtuberのイケハヤさんは、1ビットコインあたり5000万円までいくだろうと考えているそうです。その理由に、ビットコインがデジタルゴールドと呼ばれており、金の時価総額と同等になると考えた場合、おおよそそのくらいの価値になると予想しているそうです。

これは、ビットコインの発行数の上限が決められていることにあり、そのあたり錬金術が完成されない限り金の埋蔵量が決まっていることとリンクしている所だと思います。

この辺りは、金は元素としても希少価値があり、さまざまな電子部品に用いられることや装飾品としての価値もあるので一概に同一と考えることは難しいと思いますが、あくまでも同一とした場合について考えたいと思います。

そして、ビットコインは2100万ビットコインが上限だそうです。

因みに、現在の価値の200万円ですので、仮に上限のビットコインが発行されたとして、

その総資産は、200万円×2,100万ビットコイン=42兆円になります。

また、少し古い情報ですが金の地上在庫が20万トンだった場合、

その資産は、6500円(g)×20万トン=1300兆円になります。

そう考えると、市場規模で30倍の差があることになります。

となると、現在200万円のビットコインを30倍すると、

1ビットコインあたり6000万円になる計算になります。

すごいです。

面白いので、定期的にビットコインについて考えていきたいと思います。

また、明日もよろしくお願いします。