本日の株価 11月26日 ビットコインについて その2

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

本日の結果

本日の日経平均株価は+240.45円の26,537.31円でした。

私の保有資産は先週比+28,386円でした。

<個別株の前日比>

銘柄 証券コード 現在値
前日終値
前日比
リネットジャパングループ 3556 東証 641
634
7
Aiming 3911 東証 456
457
-1
プレミアグループ 7199 東証 2,270
2,205
65
インテリックス 8940 東証 549
554
-5

保有株のIR・PR情報

■特になし

《決算発表スケジュール》
Aiming:2020/10/30
リネットジャパン:2020/11/13
プレミアグループ:2020/11/13 ⇒ 2020/11/6 変更
インテリックス:2020/10/6

トピック

■ビットコインについて その2

さて、昨日に引き続きビットコインについて考えたいと思います。

しかし、本日はビットコインが急落したそうです。その他のアルトコインも含めての大きな下落です。これは、最近の急騰の反動とされていますが、通貨としての価値交換のツールとしては、まだまだ使いにくそうです。

やはり、現状ではビットコインは投資を目的での購入になると思います。

今日は、超短期投資になるであろう、ビットコインの「アービトラージ」についてです。

アービトラージとは、取引所の間で生じる価格差から利益をだす売買法です。

要するに、価格が安い取引所でビットコインを購入し、価格が高い取引所でそのビットコインを売却します。そうすることで利益を得る方法です。

例えば、

取引所Aから1ビットコインが180万円で買って、取引所Bに1ビットコインを182万円で売却する方法です。この時の利益は2万円から手数料を引いた額になります。

株ではこの様なことは出来ませんが、ビットコインは取引所毎で需給バランスが異なるため、このように価格差が生まれるそうです。また、取引所Aから取引所Bへの移行も比較的容易であることから可能な投資法になります。

しかし、取引所ごとに価格差があったとして、そこまで大きな差はないので、得られる利益は小さいです。また、別の取引所へ移行させているときも価格変動が起こってるので、そのときに価格差が埋まる可能性もあるので、ローリスク、ローリターンの投資法だといえます。

似たような方法に、「外貨建てのビットコイン」を売買する方法もあります。

例えば、1ビットコインを180万円で買って、1ビットコインを1.8万ドル(@105円/ドル=189万円)で売るとういうことも可能です。この時の利益は、9万円から手数料を引いた金額になります。

今回の投資方法は、大きく稼ぐことはできませんが、1日の食費を稼ぐ分にはなりそうです。

また、明日もよろしくお願いします。