本日の株価 12月7日 カンボジアの輸出好調で運賃高騰

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

本日の結果

12月7日の日経平均株価は-203.80円の26,547.44円でした。

私の保有資産は先週比-110,800円でした。

<個別株の前日比>

銘柄 証券コード 現在値
前日終値
前日比
リネットジャパングループ 3556 東証 594
625
-31
Aiming 3911 東証 444
454
-10
プレミアグループ 7199 東証 2,130
2,134
-4
インテリックス 8940 東証 529
534
-5

今日の日経平均株価では、一時、26,894.25円の年初来高値をつけました。最終的には、マイナスでしたが、今だに上がり基調であることは間違いないようです。

一方、保有株は最近残念な流れとなっています。

保有株のIR・PR情報

■特になし

《決算発表スケジュール》
Aiming:2020/10/30
リネットジャパン:2020/11/13
プレミアグループ:2020/11/13 ⇒ 2020/11/6 変更
インテリックス:2020/10/6

トピック

■カンボジアのコンテナ船運賃が急騰

カンボジアのコンテナ船運賃が急騰しているとのことです。

これはカンボジアの輸出が好調であり、輸出するために必要なコンテナ船が足りない状況だそうです。その好調な輸出品が米だそうで、欧州に対して輸出が盛んになっているそうです。

つまり、現状のカンボジアは多くの外貨を獲得していることになります。そして、輸入額は減少してうることから、大きな貿易黒字になると予想されます。

そして、このタイミングでデジタル通貨が本格的に指導すれば、市場に多くのデジタル通貨を供給することが可能になり、カンボジアの経済活動も一変すると思います。

この時の両替手数料などにどう影響するのかはわかりませんが、得た外貨をデジタル通貨に換金し、それを用いて自動車の購入にまわせば、リネットジャパンの業績も改善することが見込めます。

また、農業が好調といことは、リネットジャパンが提携しているカンボジアで農業インフラに投資をしているベンチャー企業AGRIBUDDYも好調になると考えられるので、嬉しいニュースだと思います。

また、明日もよろしくお願いします。