本日の株価 12月14 外国人材送り出しビジネスの可能性は…

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

本日の結果

12月14日の日経平均株価は+79.92円の26,732.44円でした。

私の保有資産は先週比+30,600円でした。

<個別株の前日比>

銘柄 証券コード 現在値
前日終値
前日比
リネットジャパングループ 3556 東証 631
612
19
Aiming 3911 東証 453
458
-5
プレミアグループ 7199 東証 2,181
2,164
17
インテリックス 8940 東証 526
537
-11

保有株のIR・PR情報

■リネットジャパン 株式会社ナルネットコミュニケーションズと提携

リネットジャパンから業務提携について発表されました。

内容は、自動車メンテンナス受託大手の株式会社ナルネットコミュニケーションズとの提携で、目的はリネットジャパンが手掛けるカンボジアの人材送り出しサービスの活用です。

現在、2023年までに自動車整備士が13,000人不足する予測になっているそうです。そこで国も、今後5年間で7,000人の自動車整備士を海外から受け入れる方針を示しているそうです。

リネットジャパンが手掛ける送り出し事業が、人材派遣なのか人材紹介なのかわかりませんが、人材派遣としてビジネスモデルとして、今後どの程度の利益が得られるか考えてみました。

今後5年間で7,000人なので、1年あたり、1,400人の受け入れる予測です。この中の10%の枠をリネットジャパンが得られたとき、140人/年の受け入れを5年間手掛けることになります。

仮に一人当たりの年収が300万円だった場合、手数料として25%をもらった場合、

75万円×140人=1億500万円になります。

これを5年間継続した場合、ストック的に積み上がり、

1億500万円×5年=5億2,500万円になります。これが5年目以降、継続的に得られる金額です。

育成コストや管理コストを考えると、現状では、そこまで売上や利益はではないと思いますが、シェアを伸ばしていけば、ある程度の収益を見込めるようになると思います。それでも、最大50億円のビジネス規模です。

やはり、将来的には自動車整備以外の人材派遣も考えていく必要があると思います。

《決算発表スケジュール》
Aiming:2020/10/30
リネットジャパン:2020/11/13
プレミアグループ:2020/11/13 ⇒ 2020/11/6 変更
インテリックス:2020/10/6

トピック

■特になし

また、明日もよろしくお願いします。