本日の株価 12月15日 中古住宅市場のアフターコロナは…

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

本日の結果

12月15日の日経平均株価は-44.60円の26,687.84円でした。

私の保有資産は先週比-30,100円でした。

<個別株の前日比>

銘柄 証券コード 現在値
前日終値
前日比
リネットジャパングループ 3556 東証 630
631
-1
Aiming 3911 東証 443
453
-10
プレミアグループ 7199 東証 2,183
2,181
2
インテリックス 8940 東証 530
526
4

保有株のIR・PR情報

■特になし

《決算発表スケジュール》
Aiming:2020/10/30
リネットジャパン:2020/11/13
プレミアグループ:2020/11/13 ⇒ 2020/11/6 変更
インテリックス:2020/10/6

トピック

■中古住宅の可能性 インテリックスのアフターコロナ

2016年から現在まで、中古マンションの販売戸数は新築マンションを超えています。

しかし、中古マンションのリノベーションの大手企業であるインテリックスの業績はそこまで伸びでいる様子はない。

コロナ禍ではあったものの中古マンションの販売戸数を伸ばす努力の結果、販売戸数や売上は伸びたものの利益はでていない。

しかし、中古マンション市場全体でみると、販売戸数は伸びていて、販売価格もコロナ前に戻りつつあるそうです。

そうであれば、インテリックスを含むリノベーション事業を手掛ける企業にとっては追い風になるかもしれません。

1)住宅ローンの金利が低い(これは以前からのトレンド)

2)住宅ローン控除の期間延長

3)コロナ禍で不安定な収入に不安がある人は、新築価格は手が出しにくい。

上記の理由を考えると、今後伸びていく可能性はあると思います。

現段階では、インテリックスは業績予測を非開示にしているのでどの程度予想しているのかわかりません。また、実際にどの程度まで回復しているかは次の決算までわからない状況です。

さらに、インテリックスはインバウンドも視野に入れてホテル事業も手掛け始めていました。特に鶯谷駅の近くにオープンさせたホテルはとてもオシャレでいい感じのホテルでしたが、コロナの影響で結構キツイとも発表していました。

一時期、そのホテルをテレワーク用の部屋として貸出していましたが、現状はどの程度の利用者がいたかは不明で収益も不明です。

本当に早く治まって欲しいです。働き方も含めて、完全に元に戻ることはないと思いますが。

また、明日もよろしくお願いします。