本日の株価 1月5日 |ビットコインの適正価格は14万ドル?|

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

本日の結果

2021年1月5日の日経平均株価は-99.75円の27,158.63円でした。

私の保有資産の前日比は-39,575円でした。

<個別株の前日比>

銘柄 証券コード 現在値
前日終値
前日比
リネットジャパングループ 3556 東証 545
568
-23
Aiming 3911 東証 407
404
3
プレミアグループ 7199 東証 2,283
2,282
1
ミナトホールディングス 6862 JQ 428
418
10
保有株のIR・PR情報

■特になし

《決算発表スケジュール》
Aiming:2020/10/30
リネットジャパン:2020/11/13
プレミアグループ:2020/11/13 ⇒ 2020/11/6 変更
インテリックス:2020/10/6

トピック

■真のビットコインの適正価格とは?

JPモルガンがビットコインの長期ターゲット価格は14万6000ドルと設定したそうです。

様々なGoodケースが重なったことを想定している価格だそうですが、ベースとなるのはデジタルゴールドと呼ばれるビットコインですので金の市場規模からの算出だそうです。

この視点については、さまざまyoutuberが発信しているので目新しい視点でもなく、以前、私も同様な視点で算出した時、60万ドルと予想しました。

その時の予想よりは、若干抑え目ですが、それでも現状3万ドルといことを考えると14万ドルはありえると考えれます。

しかし、それは長期的な予想ですので、またビットコインの最終採掘は2140年と言われています。さすがにそこまでの長期的予想では無いと思いますが、明確な予想期日は示されていませんでした。

ビットコインの資産としての怖さは、そのボラティリティーにあり、運用の面白さもそのボラティリティーにありますので、その魅力が相反している気もしますが、ある程度の価格帯に入った段階でボラティリティーも安定化してくると思います。

そこで初めて通貨としての価値が発現し、金と同様な安全資産とされ、日本円は不安定な状況下での円高傾向から脱却できるかもしれません。そうすれば日本企業ももう少し戦略を立てやすくなると思います。

また、明日もよろしくお願いします。