本日の株価 2月1日 久しぶりの円安「104.93円/ドル」|各社決算発表前にIR続々発表

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

本日の結果

2021年2月1日の日経平均株価は+427.66円の28,091.05円でした。

私の保有資産の前日比は+74,500円でした。

少し円安に傾向になってきたためか、日経平均も保有株も好調でした。

<個別株の前日比>

 

銘柄 証券コード 現在値
前日終値
前日比
リネットジャパングループ 3556 東証 621
604
17
Aiming 3911 東証 409
408
1
プレミアグループ 7199 東証 2,450
2,386
64
ミナトホールディングス 6862 JQ 479
463
16
保有株のIR・PR情報

■リネットジャパン

パソコン回収関連で新たな自治体との提携を発表しました。

これで、全国344自治体との提携が完了しています。

人口でいうと5,982万人だそうです。これは2番手の入り込む余地がない状況です。

しかも、我々の生活が豊かになればなるほど、「高性能なゴミ」は必ず排出されれますので、このゴミ回収インフラは究極のストックビジネスとも考えられます。

従いまして、とても期待している事業です。

また、カンボジアの技能実習生の受け入れ先として、株式会社トラック市と提携したそうです。

このカンボジアの技能実習生のビジネスの市場規模は、

以前、計算について再掲します。(2020年12月14日のブログ記事の再掲)

現在、2023年までに自動車整備士が13,000人不足する予測になっているそうです。そこで国も、今後5年間で7,000人の自動車整備士を海外から受け入れる方針を示しているそうです。

リネットジャパンが手掛ける送り出し事業が、人材派遣なのか人材紹介なのかわかりませんが、人材派遣としてビジネスモデルとして、今後どの程度の利益が得られるか考えてみました。

今後5年間で7,000人なので、1年あたり、1,400人の受け入れる予測です。この中の10%の枠をリネットジャパンが得られたとき、140人/年の受け入れを5年間手掛けることになります。

仮に一人当たりの年収が300万円だった場合、手数料として25%をもらった場合、

75万円×140人=1億500万円になります。

これを5年間継続した場合、ストック的に積み上がり、

1億500万円×5年=5億2,500万円になります。これが5年目以降、継続的に得られる金額です。

育成コストや管理コストを考えると、現状では、そこまで売上や利益はではないと思いますが、シェアを伸ばしていけば、ある程度の収益を見込めるようになると思います。それでも、最大50億円のビジネス規模です。

■プレミアグループ

プレミアグループ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:柴田洋一、以下「当社」)の 100%子会社であるプレミアモビリティサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:柴田洋一、以下「PMS」)は、個人のお客様向けに、「FIXMAN Club」加盟整備工場検索サイトをオープンいたしましたのでお知らせいたします。

プレミアグループ HP IR発表より

新たに会員向けのサイトを立上たそうです。リネットジャパンとい国内の自動車整備関連株を2株もっているのは、どうなんだろうとも考えます。

やはり、自動車業界の行く末を考えると、電気自動車の雄であるテスラは、完全自動運転の無人化を目指してると考えられるので、市場の様子が一変しているとは思いますが、今しばらくは影響がないと考えています。

しかし、いずれは故障した自動車をロボットが修理するでしょうが、その手前の段階として、無人自動車を人間が修理する時代がくると思うので、やはり、今しばらく問題ンないと考えています。

■ミナトホールディングス

自社株買いの報告ですが、予定に半分未満を取得済ですが、金額は半分以上使用しているので、資金の方が先に上限に達する様子です。

そうなれば、株式全体の1%程度取得したことになります。

一応目的は、株主の皆様への利益還元と資本効率の向上という一般的な文言になっていますが、株主にとってはデメリットがないと思うので今後も続けて頂ければと思います。

《決算発表スケジュール》
Aiming:2021/2/12
リネットジャパン:2021/2/12
プレミアグループ:2021/2/12
ミナトホールディングス:2021/2/10

Amazon 文庫

トピック

■特になし

また明日、宜しくお願いします。