今月の運用成績 2021年2月 |決算発表月でもあり、日経平均株価が30年ぶりの3万円超え|

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

今月の結果

2021年2月26日現在の保有株は以下の通りとなっています。

また、2021年2月の保有資産総額の推移です。

今月は、日経平均株価が30年ぶりに3万円を超えるなどの相場的には上昇基調だったことも影響してか、保有している株についても全体的には上昇しましたが、後半で一気にだれてきた様子です。

また今月は各社の決算発表の月でした。保有している各銘柄においては、特に悪い決算の企業はありませんでした。

決算後は、Aimingが少し伸び悩んでいる印象です。これは、Aimingの信用買い残の多さが、上昇を抑制しているとも見てとれますが、発表している材料の思惑ではなく、実際の影響を確認してから動き出すと考えています。

リネットジャパンは、決算後から大きく伸びてきましたが、これはカンボジアのデジタル通貨である「バコン」を開発してソラミツ社とのジョイントベンチャーの進捗がそろそろ発表されることの思惑で上がってきてると思います。また、現状としてはリユースやリサイクルも堅調なので地盤も強化できている印象です。

ミナトホールディングスに関しては、もう少し伸びて欲しいというのが正直な感想です。持っているアイテムは、現代のネットのインフラになるので期待はしているのですが、決算が相当良いということはありませんでした。

プレミアグループの決算は、好決算でした。国内では企業の輪を広げるかたちで、メンテナンスのネットワークを着実に伸ばしているようです。また、海外にも着実に広げて行っているので、今後の事業拡大や成長性がとても期待できると思います。