今月の運用成績 2021年5月 |保有銘柄の決算は決して悪くは無かったが反応はいまひとつ|

資産運用
スポンサーリンク

⚠保有資産の推移を報告していますが、特定の銘柄を推奨するものではございません。

今月の結果

2021年5月31日現在の保有株は以下の通りとなっています。

また、2021年5月の保有資産総額の推移です。前月比+160,404円でした。

5月はほとんどの企業の決算発表があり、多くの企業が好決算を発表していた印象です。特にソフトバンクの純利益額は5兆という、とんでもない数字を発表し、世間を脅かせました。過去に、トヨタが純利益1兆円を達成した時も驚きましたが、今回も同様です。

それでも、やはり製造業と投資会社の利益を単純比較するのは少し違うという感覚があります。

しかし、世の中は相変わらずコロナの話題で持ちきりで、GWが明けても感染拡大が続いていて、いまだに緊急事態宣言中に地域があります。しかも、インド変異型なるウイルスが猛威をふるっているようで、まだまだ安心できる状態でないことは確かです。

そのような状況の中で、ようやく日本でもワクチン接種が始まりました。接種率はまだまだですし、予約の一杯という状況が続いているので、国民全員が打ち終わるのは、まだまだ先だと思いますが、少なくとも感染拡大の歯止めになることは間違いないと思います。

さて、それでは保有銘柄を個別に見ていきます。

1)リネットジャパン

5月14日に決算は発表されましたが、株主が待ち望んでいたのは、どちらかというと同日に発表されました「ソラミツ」とのジョイントベンチャーの進捗報告だったと思います。

このコロナ禍で、いまいち伸び悩んできた柱であるリユース部門が活性化してきたとはいえ、やはり、将来性を感じているのは、レアメタル回収とカンボジアの中央銀行デジタル通貨と絡めたファイナンス事業であります。

さて、実際の決算内容はというと、

前期と比較して、増収増益で期待通りの結果であります。この結果は、期待していた海外事業に足を引っ張られての結果ですので、この海外事業が波に乗り始めるとより大きな収益になると考えます。

また、レアメタル回収は、人口カバー率が50%を超えているので盤石ですし、教育の現場ではGIGAスクールが着々と定着してきているので、この政策はレアメタルの回転率に大きな影響を与え、回転率が上がれば上がるほどリネットジャパンの業績に大きな影響を与えます。

株価も十分に上がり始めていることから、含み益が出てきているの楽しみな銘柄です。

2)Aiming

決算は4月に終えていたので特に大きなイベントはありませんでしたが、キャラバンストーリーズのSwitch版の普及がどの程度かが気になるところです。しかし、Twitterを見てみるとPS4程の盛り上がりは見せていないように感じます。

と考えると、やはり、ドラクエタクトに頑張って欲しいところです。フレンド対戦などができる機能がついてからが勝負なのかも知れません。

3)ミナトホールディングス

5月12日に決算を発表しましたが、同時に上方修正も発表し業績が好調であるようです。また、5月26日に発表された配当金の増配と特別配当の発表は、株主還元に頑張っていると感じる一方で、もう少し投資に回しても良いのではないかと感じこともあります。

将来的なこと考えると、現状の時価総額の企業であれば、余剰資金は投資に回して売上や利益を上げることが、よりよいリターンを生むと考えます。

とはいえ、嬉しいですし、他の投資家へのアナウンスという意味では知名度向上にもつながるかも知れないので、メリットも大きいとは思います。

そして、現在伸び盛りの業界ですし、サムスンと共同で進めている事業も気になるところです。

こういった期待を込めて、さらに1,000株を購入しました。

サムスンとの共同事業発表後、一度はストップ高になりましたが、また、いつもの株価に落ち着いたのでこのタイミングで購入することとしました。

2年後くらいが楽しみの企業です。

4)プレミアグループ

5月10日に決算発表がありました。

当然ごとくの増収・増益・増配と素晴らしい成績だったと思います。そのせいか、株価も順調に伸びてゆき、保有株の中では一番の伸び率を示しています。

さらには、来期の増配も予告していますので、事業に対する自信が伺えます。

そして、現状の事業に満足せずにチャレンジし続ける経営にとても魅力を感じます。中身については、どの様に業績に寄与するかはわかりませんが、DX(デジタルトランスフォーメーション)といった、現代のビジネスキーワードを巧みに取り入れているところも面白いです。

また、中期経営計画では、2025年の営業収益を419億円(現在:178億円)、純利益が65億円(現在:24億円)なので、価値が3倍近くなると予想されます。

因みに、本日の時価総額は432億円でしたので、まだまだ株価に反映されるかもしれません。

 

さて、2021年6月はどのような月になるでしょうか。